faxdm業者を徹底ランキング2017!

攻めの経営を目指すならfaxdmを活用しましょう

thumbnailバブル景気の崩壊から長い期間が経過してきました。その間、政府などにおいては景気刺激策や経済対策が実施されてきましたが、なかなか景気の回復は成し遂げられていません。この傾向はしばらくは続いていくことが予想されています。

その大きな要因が多くの国民における消費意欲の減退にあると言われています。個人消費の回復が日本経済の復活の鍵を握っていると言っても過言ではありません。そのために多くの企業やお店などにおいては効果的な宣伝活動に力を入れてきています。

そんな宣伝活動における有効な手段の一つがfaxdmサービスになります。ダイレクトに顧客の手元にfaxを送信することができますので、そのアピール効果は大きく期待することが出来ます。インターネットサイトにおいては多くのfaxdmサービスの会社を比較することができるランキングサイトもありますので、参考にしてみるのもお勧めです。

ネクスウェイ

公式サイトはこちら

株式会社ネクスウェイでは、情報通信提供サービス事業を行っており、主なサービスとしては、NEXLINKやFNX一斉同報サービス、その他色々なサービスを行ってます。FAXの配信サービスのNEXLINKのサービスは、作成した原稿のデータや送り先が記載された宛先データが用意出来れば、FAXを活用して、DMを一括で各企業へと配信が出来るものです。

ネクスウェイのサービスを活用するために、FAXDMの基本や事例や原稿に活用出来る素材、各種テンプレートなど、お客様にに役立ててもらえる内容を多数提供してます。株式会社ネクスウェイが行ってる業務として、faxdmを一括で配信してる事業始めてから、27年間が経ち、長い年月経験されてきた知識を活かして、多くの企業にfaxdmのサービスを提供してます。

総契約数としては、27000以上と多数の企業に対し、faxdmを行って利益の向上を図るための事業として、一歩リードする企業として、サービスやサポートに関し常にトップを維持出来るように、日々の業務を行ってます。

Urizo

公式サイトはこちら

Urizoのfaxdmは複数サイトで同じ企業が掲載しても、1件のデータに集約します。そのため収集件数を無駄なく使うことができ重複データを自動整理します。余った月々の収集件数は翌月に繰越できるため安心です。

iタウンページ上には電話番号しか掲載されていない企業でも、増強機能で Urizoが再検索し、FAX番号やメールアドレスを発見次第、最新の企業情報をリストに自動付加します。その為他のソフトより収集率が格段に上がります。

徹底した効率化によって低価格を実現しています。販売方法をオンライン販売のみとして営業コストを削減するなど、少しでも低価格で高品質なサービスを届けするため企業努力をしています。

FAXDMコンサルティング

公式サイトはこちら

FAXDMコンサルティングはfaxdm送信サービスを事業として行っている会社です。問い合わせ方法は電話とホームページの問い合わせフォームと電話でする事が出来ます。電話の場合には平日の10時から19時までの間の受付時間となっています。

FAXDMコンサルティングではfaxdmを送ったら終わりではなく、faxdmを送った後にきちんと反応があるように徹底的にこだわっている会社です。また、一件の送信件数が3円からと業界最安値にもこだわっているので、安く効果的なfaxdmを送る事が可能です。

業界最大級の430万件に及ぶ法人のFAX送信先リストを保有しているのも特徴です。これだけ沢山の企業のFAX番号を持っているので、自身の送りたいジャンルの企業をピックアップして送る事も出来ます。またクレームの代行対応もしてくれます。

FAXDM君

公式サイトはこちら

FAXDM君はオフィスクリエイトが行っているfaxdmの一斉送信サービスです。会員制でサービスを行っていて、その会員登録は無料で行う事が出来ます。ホームページの無料会員登録の欄から登録を行う事が出来ます。

500万件もの企業のFAX送信先のリストを持っているので、沢山の企業にfaxdmを送りたい人にはとても心強いサービスです。また、その企業のFAX送信先のリストは無料でレンタルする事が出来るので、お得にfaxdmを送信する事が出来ます。

また、過去にクレームのあった約20万件の企業については、クレーム対策として送信先に設定しないようにされています。なのでfaxdmを送る事によって発生するクレームを軽減してくれているので、トラブルも少なく新規開拓やセミナーのお知らせなどを送る事が出来ます。

オフィスクリエイト

公式サイトはこちら

バブル景気の崩壊から続いている日本国内の経済活動が低迷している状況は、多くの消費者の購買意欲を低下させてきています。なかなか収入が伸びてこない上に、年金制度や医療制度などの社会保障制度の維持運営が危ぶまれてきており、それが将来への不安感に繋がっているからです。

そんな状況を打破していき、売上を伸ばしていくには積極的な宣伝活動が不可欠になってきます。それも効率よくおこなっていくことが重要です。そこで活用したいのが、faxdmサービスになります。自宅やオフィスなどの狙った顧客層にダイレクトに届けますので、その効果は期待することが出来ます。

とくにオフィスクリエイトのように、高画質ファインモードで送信してくれるサービスですと、商品画像なども鮮明になりますのでそのアピール力は抜群です。新規顧客層を獲得していくには、このような宣伝活動が必要不可欠ですし高画質による説得力はお勧めになってきます。

新宿FAX同報配信センター

公式サイトはこちら

新宿FAX同報配信センターの運営をしてる株式会社シーオンでは、faxdmや法人リスト販売、WEB制作・システム開発事業など行ってます。独自のマーケティングの手法と比較的新しい法人リストを活用し経験と知識を十分に発揮することによって、新たに顧客を集める方法として、最も高い成功率があることから、多くの企業経営されてる方から高い評価を頂いてます。

お客様に対して信頼出来る企業と言うことを頭に入れ、新たな顧客を集める活動として、可能性の高いfaxdmのサービスの手法を提供してます。faxdmのサービスを提供してる中で、お客様が希望されるサービスをデータ化することでfaxdmから平均値を分析出来るようになります。低価格の料金でサービスが提供出来てることから、企業の利益の向上の対策としてfaxdmを業務に取り入れることになってます。

大手企業や中小企業、個人事業主の方など幅広い業種に対して、直接的な成果につながるfaxdmのサービスで新たな顧客をを集めることが出来ます。faxdmが初めてであっても、新宿FAX同報配信センターにいらっしゃる多くの経験がありますコンサルタントスタッフが丁寧に分かりやすく、faxdmを活用した顧客の集め方をサポートしてます。

faxdmのメリット・デメリット

 faxdmはファックスを使ったダイレクトメールのことですが、これを利用するにはメリットとデメリットの双方があることを理解しておかなければなりません。まず最初にそのファックスダイレクトメールを使う場合の悪い点としては、使える対象者が限られる点となります。というのはファックスを使用することが前提となりますが、このファックスは自分だけでなく、送りたい相手にもそれがなくてはならないからです。
 ところが実際に現実問題としては、このファックスは個人の家にはあまり普及はしておりません。個人の家にファックスが普及していないため、営業方法として個人向けにはほとんど使えないことになります。となれば顧客は必然的に商売関係者へ限定されることになります。商売関係者は会社関係か個人自営業ということになります。

 それに対してfaxdmを実行する場合のメリットは比較的安く安価に実行が可能な点にあります。封筒に包んだ冊子型の郵送ダイレクトメールは郵便経費がかかりすぎますが、こちらは1通でせいぜい数円程度となります。その原稿の送信枚数は契約にもよりますが、多いところでは1万通以上でも受け付けてくれます。それらをその日のうちに送信完了となります。しかも依頼原稿を送信するのに1時間程度もあれば配信を開始してくれる場合もあります。
 さらに業者によっては原稿を別途費用で作成してくれたり、校正をしてくれたりなどもします。この法人に限定したファックスを使用したダイレクトメールの場合、その相手先業者の選定を行うには法人リストの存在が欠かせません。もし依頼者の手元にそれがない場合、代行業者が保有するリストの中から選んで送信が可能となっています。

 そのfaxdmには様々なメリットがありますが、一番最大の良いところはとにかく読んでくれる確率が一番高い点となります。というのはこれは原理上の特徴だからです。ファックスダイレクトメールの場合はファックスで印字された紙がその機械の前に排紙されるので、どうしても目に入りやすくなるからです。対してインターネットダイレクトメールや郵送ダイレクトメールは中身を開封せずに捨てやすくなります。直接読んでもらえる確率が高くなるので好感を得る反応の確率も高くなります。
 ただもう1つのデメリットとしてどんな方法でも必ずと言っていいほど1パーセント未満の少数のクレームがあることも覚悟しないとなりません。クレームの理由は様々ですが、ファックスを使用したダイレクトメールの場合は、相手のファックスのインクと紙を使用して宣伝をするためとなります。

カテゴリー