faxdm業者を徹底ランキング2017!

TOP > faxdm情報 > faxdmが得意な業者にお願いをするなら

faxdmが得意な業者にお願いをするなら

これからfaxdmが得意な業者に情報の拡散をお願いしたいと感じているのであれば、ある程度の時間を使って、間違いのない業者を探すように心がけるようにしましょう。
どこの業者に声をかけると、コストパフォーマンスよく実践してくれるのか、必ず見極められるようにしておきたいところです。
インターネットを利用してしまえば、あっという間に情報を手に入れることができると言うのは周知の通りでしょう。
なので、パソコンやスマートフォンのスイッチを入れて、ネット上から情報を入手するように意識することが大切です。
実際に業者にfaxdmでの拡散をお願いしたことがあると言う人の体験談を確認して、その人たちからアドバイスを提供してもらうと言うのも悪くないでしょう。
どちらにせよ、素人判断だけはしないように心がけて、慎重に業者を選ぶことが大切です。



faxdmを利用することのメリット

faxdmのメリットとして挙げられるのが次のような点です。
高い確率で見てもらうことが出来る点です。
チラシを封筒に入れて送付するDMの場合は、あて名に社名が未記入であるだけで捨てられてしまうことも多いです。
Eメールの場合は、件名だけですぐに削除されてしまうケースがほとんどです。
しかしFAXであれば不要であっても一度は内容を確認してもらうことができます。
次に配信コストを抑えることが出来る点です。
チラシのデザインや印刷、封入、あて名の貼り付け、発送等の費用のうちFAXで送る場合は、デザイン費用と配信の費用だけしかかからないので、他のDM発送方法に比べて格安に配信することができます。
最後に即日の配信が可能であることです。
制作したその日にすぐにターゲットの元に送ることが出来るので、より新鮮な情報を配信することが可能になります。



faxdmを利用する時に知っておきたいマイナス面

faxdmを活用して宣伝広告活動行おうとする場合は、次のようなマイナス面も存在するということを理解しておくことが大切です。
まず、受け取った相手に受信コストが発生するということです。
具体的にはインク代や用紙代などです。
もちろん、相手にとって有益な内容のDMであれば大目に見てくれることもありますが、場合によってはクレームにつながる可能性もあります。
そのため、クレームが発生しないように配信先リストを厳選したり、原稿内に配信停止を希望する欄を加えるなどの配慮を行うことが重要になります。
次に基本的に受信される原稿は白黒印刷になり、チラシデータの読み込み過程でデータが劣化してしまうことがあります。
そのため、小さなテキストや細かなデザインや写真などはつぶれてしまった状態で相手に配信される可能性もあります。
これらのデメリットも理解した上で、faxdmの活用を検討することがおすすめです。

次の記事へ

カテゴリー